介護職未経験ならまずはボランティア活動をしてみよう

介護職に就くために

当サイトは介護の仕事に興味を持っている人が、興味で終わるのではなく行動できるように介護職の魅力を伝えます。

未経験ならまずボランティアに参加してみよう

まずはボランティアに参加してみる

未経験から介護職へ就くことに対して、不安を感じないという人はほとんどいないはずです。多くの人は未経験からの挑戦に不安を感じていることが多いと思います。介護職は自分に合っているのかどうか、つらいと言われている部分に耐えられるのかどうかなど、働き始めてみないとわからないこともたくさんあります。そのため、まずはボランティアに参加をして、現場の様子を少しでも体験してみることがおすすめです。

まずはボランティアに参加してみる

ボランティアの内容

ボランティア活動は特に資格がなくても、未経験でも参加できるものは数多くあります。高齢者の話し相手や、本などの朗読、施設内の清掃や環境整備など、自分ができそうだなと感じるボランティアに参加してみましょう。仕事を意識しすぎると継続できなくなってしまうこともあるので、得意なことや好きなことが活かせるボランティアを見つけることが大切です。

始め方

ボランティアの始め方は、都道府県や市区町村の社会福祉協議会にあるボランティアセンターを尋ねてみましょう。ボランティアセンターでは、ボランティア活動をしたい人と利用したい人をつなげる役割を持っています。直接訪問しなくても、募集情報をホームページで検索できたり、電話やメールによって相談することもできます。

気をつけること

ボランティアに参加する際は、体調管理に十分気をつけなくてはいけません。少しでも体調が悪いと感じた場合には、感染症にかかっている可能性を考慮して参加を控えましょう。ボランティア活動に参加している人、施設の職員、高齢者に感染してしまうリスクがあります。
ボランティアは仕事ではありませんが、人と関わることなので挨拶や相手の気持ちを尊重することは忘れないよう気をつけましょう。お互いに気持ちよく活動をするために笑顔で明るい挨拶を心がけます。そして自分がしたいことをするのではなく、相手が何を求めているのかをよく考えましょう。相手の気持ちを考えて、行動をすることが効果的な活動につながります。
最後に、約束や秘密については厳守することに十分気をつけてください。ボランティアを通して知った個人の情報は、当然ですが他の人に漏らしてはいけません。できるだけ立ち入った話をすることを慎んで、必要以上の情報には触れないように留意します。そして職員の人の指示を十分聞いて、注意事項やルールなどを守って気持ちよくボランティア活動を行いましょう。

おすすめの記事

未経験から理想のキャリアパスが描ける

介護職の強みはキャリアアップが資格取得によって明確にできる点です。そのため未経験からでも、努力次第で思い描く理想のキャリアアップを実現させることができます。

詳しく見る
介護職を目指している人必見! 介護職を目指している人必見!

介護職はこれからの日本社会に必要不可欠な人材ですが、まだまだ数が足りていないことは重要な課題です。当サイトはそんな課題を解決するこれからの人材を応援しています。お問い合わせはこちらまで。