介護職の仕事内容

介護職に就くために

当サイトは介護の仕事に興味を持っている人が、興味で終わるのではなく行動できるように介護職の魅力を伝えます。

どのような仕事内容なのか

介護の仕事とは

介護施設によって仕事に細かな違いはありますが、まずはどの施設でも共通している仕事内容を見てみましょう。そこから、どういった点が仕事の満足度に関わってくるのかについても想像してみましょう。

介護の仕事とは

入浴介助

入浴介助は介護の仕事の中でも大きなウェイトを占めており、入浴を楽しみにしている利用者も多いです。体を清潔に保つためだけではなく、新陳代謝を高めたり筋肉をほぐしたりなどの目的もあります。入浴は体調を急変させてしまうおそれもあるため、健康状態をチェックして、脱衣所と浴室の温度を22度から25度に保つなど、細心の注意を払って行います。転倒防止のために滑り止めマットを設置することなども忘れてはいけません。

食事介助

食事介助は入浴と並んで利用者が楽しみにしている食事を、安全に楽しめるようサポートします。高齢者は噛む力が弱まっていたり、歯が少なくなっていたりするので、利用者が食べやすいかどうかを考慮した調理法で作る必要があります。そして安全な姿勢を保ってのどに食べ物を詰まらせないよう気をつけて介助します。

排泄介助

排泄介助は利用者の排泄をサポートする仕事ですが、介護を受ける側にとって身体的にも精神的にもストレスを感じやすいです。そのため、お互いの信頼関係がなくては成立しない仕事といえます。トイレに行きたくなるタイミングは利用者によってバラバラですので、常に気を配って些細な変化に気づけるよう注意することも仕事のうちです。

移動介助

利用者が生活をするために欠かせない移動動作をサポートするのが移動介助です。立ち上がるときや歩行中などの移動動作は、転倒を引き起こすことも多いので、安全に移動ができるよう介助します。

レクリエーション

入所介護の施設では、利用者が楽しみながら健康寿命を伸ばすことができるレクリエーションを企画することも大切な仕事です。複雑なルールや激しい運動は難しいため、簡単なルールで体を軽く動かせるものである必要があります。レクリエーションが定期的な運動をする機会となるので、身体機能の衰えを防ぎ、手先を使うことで認知症予防にもなります。また、利用者同士のコミュニケーションにもなり、日々の生活にハリが生まれます。

介護職の仕事体験談

以上が簡単ではありますが、介護職の仕事内容になります。実際に介護の現場で働いている人の体験談がまとめられているサイトを紹介しますので、もっと仕事内容について深く知りたい場合は参考にしてみてください。

おすすめの記事

未経験から理想のキャリアパスが描ける

介護職の強みはキャリアアップが資格取得によって明確にできる点です。そのため未経験からでも、努力次第で思い描く理想のキャリアアップを実現させることができます。

詳しく見る
介護職を目指している人必見! 介護職を目指している人必見!

介護職はこれからの日本社会に必要不可欠な人材ですが、まだまだ数が足りていないことは重要な課題です。当サイトはそんな課題を解決するこれからの人材を応援しています。お問い合わせはこちらまで。