介護職の満足度を高めるキャリアアップ

介護職に就くために

当サイトは介護の仕事に興味を持っている人が、興味で終わるのではなく行動できるように介護職の魅力を伝えます。

未経験から理想のキャリアパスが描ける

満足度にもつながるキャリアアップ

キャリアアップを目指すことで仕事に張り合いが出たりやりがいを感じたりすることができるのは、介護業界に限ったことではありません。明確な目標をもって経験と知識を積み上げていくことで、仕事の満足度も上がっていくことでしょう。加えて介護業界では特にその方法がわかりやすく挑戦しやすい状況にあるので、理想のキャリアパスについて具体的に考えている介護職員も多いはずです。

満足度にもつながるキャリアアップ

キャリアアップしやすい業界

介護職はさまざまな業界の中でもキャリアアップしやすい業界です。他の業界では経験だけがその人のキャリアとなることも多いです。しかし、介護業界の場合は働いた年数によって公的資格や国家資格の受験資格が与えられますので、介護職のキャリアは資格によって証明してもらうことができます。上位の資格を取得すれば、資格手当などにより給料が上がったり、仕事の幅が広がったりするのでやりがいを持って働きやすくなります。

未経験からのキャリアアップ

資格も経験もない状態から介護業界で働き始めたとしても、努力次第では3年で国家資格の「介護福祉士」を取得することができます。無資格で未経験でも、働きながら「介護職員初任者研修」の資格を取得し、実務経験を3年以上積むと「実務者研修」を受けた後に「介護福祉士」の受験資格が与えられます。この「介護福祉士」の資格は、資格手当による給料アップが見込めることはもちろんですが、介護職として自信を持って働くことにもつながります。そして「介護福祉士」が終わりではなく、そこからさらに「社会福祉士」や「ケアマネージャー」などへのキャリアアップがあります。

無資格でも問題なし

無資格未経験の状態からキャリアアップができることをお伝えしましたが、そもそも無資格未経験の状態で働き始めることができるのか不安に感じる人もいるかもしれません。しかし、介護施設では資格も経験もなくても、問題なく働くことができます。基本的な生活援助は資格に関係なく行うことができる仕事です。そのため、全くの未経験からでも現場で経験を積みながら、キャリアアップに向けて動くことができます。

不安を感じるなら

無資格未経験でも働けるとわかっていても、働き始めることに不安を抱いてしまうことは当然だと思います。しかし、超高齢化社会の日本にとって、介護職は欠かすことのできない人材です。厚生労働省は将来のために介護福祉職の養成に力を入れているので、これから介護職を目指す人は国から支援を受けているといえます。現在介護職として活躍されている人も、最初は同じような不安を抱えてスタートしています。不安は行動によって解消されますので、まずは思い切って飛び込んでみることが大切です。

おすすめの記事

未経験から理想のキャリアパスが描ける

介護職の強みはキャリアアップが資格取得によって明確にできる点です。そのため未経験からでも、努力次第で思い描く理想のキャリアアップを実現させることができます。

詳しく見る
介護職を目指している人必見! 介護職を目指している人必見!

介護職はこれからの日本社会に必要不可欠な人材ですが、まだまだ数が足りていないことは重要な課題です。当サイトはそんな課題を解決するこれからの人材を応援しています。お問い合わせはこちらまで。